• ホーム
  • 水虫の治療薬における市販薬と医薬品の相違点

水虫の治療薬における市販薬と医薬品の相違点

中年男性の病気と思われている水虫ですが、実は若い女性患者も多くいるのです。
水虫の原因は白癬菌という真菌です。
菌が好むのは高温多湿の環境です。
男性の革靴の中も、女性のパンプスやブーツにストッキングという中も同じなわけです。

水虫は放置しておいても菌がより繁殖して悪化していくばかりです。
抗真菌薬で菌を根絶やしにしなければならないのですが、おじさんの病気と言われる水虫は女性にとって皮膚科で診てもらうのはハードルが高いものです。
医薬品以外に市販薬もあるためこっそりと市販薬を買って自宅で治しているという方も多いです。

基本的に、抗真菌薬は医薬品でも市販薬でも同じ成分が使われています。
病院に行ったけれど市販薬でも手に入るような薬を処方される場合もあります。
ただし、それはクリームタイプの薬に限ります。
錠剤タイプの薬は市販薬として売られることはないのです。
なぜなら副作用が強く出てくる可能性があるからです。

水虫と言ってもその症状にはさまざまな種類があります。
足の指の間が赤くなったりかゆくなったり、そんな足水虫の初期段階であれば市販薬を買ってきて塗るようにしていても十分治すことができるでしょう。
やっかいなのが爪やかかとの角質に入り込んだ爪水虫やかかと水虫という種類です。
この場合は白癬菌が奥深くに入り込んでいるため表面に薬を塗っても薬を浸透させることが難しいです。
それに、これらの種類はかゆみや痛みといった症状はなく、爪が白くなったりかかとがガサガサになったりと見た目が悪くなるだけです。
苦痛を伴わないため放置してしまいがちなのです。
もちろん、放置しておいたら悪化する一方、良くなることはありません。

市販薬と医薬品、どちらも真菌を退治する薬ですが、病気の種類によって使い分けしなければならないということです。
恥ずかしいからとこっそり薬を購入する素人の場合、薬剤師に相談することもないでしょうし、自己判断で急いで選んでくるため悪化する可能性は否めません。

市販薬の使用が水虫の悪化に繋がることもある

白癬菌がどこに繁殖しているかによって薬選びをしなければならないですし、個人で購入する以上は塗り方が誤っている場合も、そうして水虫が悪化する危険性は高いというわけです。
皮膚がジュクジュクしているところ・赤くなっているところ、そこだけが患部ではありません。
まだ表面的には目に見える変化はないけれど実はすでに白癬菌が広がってきているようなところはあるのです。
そのため、塗り薬は患部よりも広い範囲で塗らなければなりません。
そのことを知らないまま患部だけ塗っている間にその周りでどんどん菌が繁殖していっている可能性があるのです。

水虫は薬を塗ったからといってすぐに治る病気ではありません。
足水虫であれば数ヶ月・爪水虫ともなると半年単位で薬を服用し続けなければならないので根気が必要です。
薬で菌をやっつけていくと赤みも引いてきます。
爪の白濁も収まっていくでしょう。
そこで油断して薬をストップしてしまうことでよくあるのが「再発」です。
表面的にはきれいになっていても実は残っていた菌が、薬の効き目が切れた途端にまた活動を始めてしまうのです。

病院であれば、定期的に診察を受け、最終的に白癬菌がいなくなったかどうかを確かめてくれて医師が完治と認めるまで薬を服用し続けることになります。
しかしながら、市販薬であれば判断するのは自分自身です。
見た目がきれいな状態なのに薬を塗り続けるのは大変なこと、塗り忘れが増えていっていつの間にか治療をやめてしまっていることは多いです。
その結果、再発してせっかくの今までの苦労が水の泡になってしまうのです。
同じ足水虫であっても、症状の程度や体質により合う抗真菌薬というのはそれぞれに異なります。
できれば恥ずかしくても病院で診てもらって薬を処方してもらうことをおすすめします。