• ホーム
  • 足が臭い原因は水虫かも・・・

足が臭い原因は水虫かも・・・

靴を脱いだり足を近づけたりすると、何か臭うと感じるといった経験がある人もいるかもしれませんが、臭いの原因にはさまざまなものがあります。
足が臭う原因として考えられるのが、汗と汚れと雑菌です。
足の裏というのは汗をかきやすく靴下や靴を履いて長時間そのままでいたりするのでとても蒸れやすい状態となる事が多いです。
そうなると汗をかき汚れなどと一緒に雑菌が発生しやすくなって臭いが発生します。

基本的に足の臭いを防止するには清潔な環境にしておくということが大切です。
外出時は小まめに靴下を取り替える、帰宅したら足を洗う、靴に除菌効果のある消臭剤をかける。
定期的に靴を洗い汚れを取るなどの対策を行う事で臭いを低減出来ます。

これらの対策を行ったとしても足が臭うという場合は水虫になっている事が考えられます。
足自体に雑菌が入り込んで臭いを発生させているので、これらの対策をしても十分に臭いが取りきれない可能性があります。
特に足の指の間に出来る指間びらん性水虫は強い臭いを発生させる傾向にあり、足の皮膚の状態もひどくなっているケースがあります。

足の臭いの原因となっている雑菌は常在菌であり誰の皮膚にも存在しますが、これらは清潔にする事で雑菌が除去されると臭いはなくなります。
一方水虫菌はカビの一種あり他の人から感染します。
水虫菌自体に臭いはありませんが水虫菌によって皮膚が荒れ、抵抗力が落ちると皮膚がはがれおちていきそこに雑菌が入り込み臭いを発生させます。
水虫菌は高温多湿であったり不衛生な環境で感染しやすく、また繁殖しやすくなります。
足が強い臭いを発生させている場合は水虫に感染している可能性があります。

水虫は他人から感染します。
患者はさまざまな所にいて思わぬ所から感染します。
対策する為には、まず自分が日常でよく訪れる場所、行う行動などを見直して他人と間接的に接触している部分がないか見直して、そことの接触を絶つ必要があります。

靴擦れが原因の水虫感染について

靴を履いて長時間歩くと靴擦れを起こすことがあります。
靴擦れがおこると皮膚がめくれて傷となったりしますが、こういった角質層が露出したような状態は水虫菌が入りやすくなっています。
例えばスリッパや足ふきマットなどを水虫の人と共有していた場合、そういったものを経由して水虫菌が侵入し、感染してしまう恐れがあります。

こういった他人からの感染を防ぐ為には、とにかく清潔第一を心がける事が大切です。
外出した後などは足を洗う、蒸れを防ぐため通気性の良い靴を履く、家族の中で水虫の人がいる場合はスリッパや足ふきマットなどを共有せず、別々のものにします。
そしてなるべく靴擦れを起こさないよう自分の足のサイズに合った靴を履くようにしましょう。
靴の形状やサイズが違うものを履いたりすると靴擦れの原因となります。

また、からだの抵抗力が弱くなると水虫が侵入した時に感染しやすくなります。
栄養バランスの取れた食事を心がけ、睡眠もしっかりとる事で抵抗力を高め感染しにくい体を作るよう意識しましょう。

水虫はかゆみともなう事が多いと思われがちですが、出来る部位などによってはかゆみの出ない水虫もあります。
足の指やその間、裏面やかかとなど、小さな水泡が複数出来ていたり皮膚がめくれ落ちてくる場合などは水虫になっている可能性がありますし、臭うというのは水虫のサインでもあります。
皮膚科で診察をしてもらい、水虫であった場合はしっかりとした対策をとりましょう。
今感染していない人であっても色々な経路から水虫菌に触れる可能性があるので、清潔第一で不衛生な環境による水虫菌の繁殖を予防し足を洗うなど清潔な状態をキープするにようにしておくと感染のリスクを下げる事が出来ます。